未分類

北海道の屋根リフォーム工事で失敗しないためには(屋根材の種類編)

投稿日:

屋根リフォーム工事を考えている方はまずは屋根の傾斜を見るべし。

屋根リフォーム工事において今の屋根の傾斜に対してどのような屋根材を選ぶのかということが一番肝心になると私は思います。

結論から申し上げますと屋根勾配四寸未満か四寸以上ということにだけ注意して屋根の種類を選べば間違いありません。屋根勾配四寸未満とかよくわからない言葉を書いてますが、見た目で屋根の上で歩けそうなら四寸勾配未満屋根、歩けなさそうなら四寸勾配以上な感じで考えてもかまいません。

四寸勾配未満なら。。。

基本的には立葺きの屋根材が適しています。三寸勾配から横葺の材料も使えるのですが、近年になって勾配少ない横葺にサビが発生してくるケースが多くなってきているので四寸勾配未満なら立葺材料から選ぶ事を強くオススメします。

こんな感じが立葺です

四寸勾配以上なら。。。

選べる屋根材の幅がかなり多くなります。立葺きでも問題ありませんし、横葺きの材料からも色々選べます。

外国で使用しているようなオシャレな屋根を選ぶことも可能です。

横葺き屋根と外国風な屋根

まとめ。

屋根を工事するときは屋根勾配をキチンと板金業者に確認してから屋根を選びましょう。

あとは勾配の少ない屋根(三寸勾配未満)での横葺きは、原則として保証に入らない事があるのでご注意ください。

 

 

-未分類

Copyright© 有限会社 杉本板金工業所 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.