屋根の知識

屋根の葺き替え工事とは?

更新日:

屋根工事ってどんな工事?

 

家の築年数が25年~30年くらいになると家も一部が壊れたり、アリがたくさん出てきたり、天井にしみが出てきたり

様々なトラブルが発生します。屋根や外壁の経年劣化による室内への見えない漏水(内部結露や通気層への漏水など)や

見える漏水(簡単に言えば雨漏り)による室内への水分の侵入などがトラブル発生の引き金になります。

家で雨や雪や風から家を守ってくれる場所と言えば間違いなく屋根です。

逆に言えば屋根さえしっかりしていれば家の寿命はかなり保てると私は思ってます。(外壁も勿論大事です!)

屋根の葺き替え工事とは、既存の屋根を撤去して屋根にルーフィングという結露防止の防水シートを張りその上に新しい屋根を施工する工事です。

 ルーフィング施工状況写真。

勿論、屋根をはがして内部の木材が悪くなってる場合は、新しい木材に入れ替えます。

鉄板の内側の内側の木材は思っている以上に腐食してます。

中の木材を新しくしました。生かせる木材は生かします!

ルーフィングの上に新しく屋根を貼ります。

工事金額は、家の今の状態や形状や大きさによってかなり変わります。よくネットなどで調べると「50万~200万」

な具合でかなり金額の幅が広いなと思いますが、どの業者さんも家を調査してみなければ工事金額は決められないと思います。

もしも、屋根の調査なしに金額を決めてくる業者がいたら、悪徳業者の可能性が高いかもしれません。

屋根の寿命は塗装工事をこまめにして築後30年くらい、塗装工事をしなくて25年くらいです。

まとめ

屋根新築後25年~30年経過が屋根の葺き替え工事の絶好のタイミングと言えます。そのまま放置しても

 

-屋根の知識

Copyright© 有限会社 杉本板金工業所 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.