屋根の知識

屋根雪止め金具の基礎知識

更新日:

家からの落雪被害でお困りではありませんか?

雪止め金具とは屋根からの落雪を防ぐために屋根に取り付ける金具の事です。

基本的には雪や氷を落としたくない場所の屋根軒先に取り付けるのが一般的です。

豪雪地帯では家にかかる雪の重量が多くなりすぎるため取り付けない場合があります。

隣の家との距離が近かったり、自宅軒下に人通りの多い歩道があるなど、雪や氷を落としたくない場所がある場合に取り付けます。

屋根のタイプによって雪止め金具の形状も変わってきます。はしごを持っていて屋根と雪止め金具の知識があるなら自分で施工できる方もいるかもしれません。しかし必要以上にたくさん取り付けたり、付けてはいけない場所に取り付けたり、雪止め金具本体を反対方向に取り付けたり、取り付け方によっては屋根の寿命を大幅に縮めてしまう場合もあります。

雪止め金具取り付けは高所作業など危険や、屋根の知識も必要になるので雪止め金具に関しては、自分で施工せずに屋根板金工事のプロに任せたほうが安心だと思います。そして雪を落としたくない場所を伝えれば、少ない個数で的確な場所に取り付けてくれると思います。

それでも雪止め金具自体100%止められる物ではないので一冬過ごして雪止めの良くなかった事を詳しく施工業者に伝えれば、雪止め金具はあとでも別の場所へ付けたり、外したり(屋根にはあまりよくないです)できるので相談してみる事をオススメします。

 

 

-屋根の知識

Copyright© 有限会社 杉本板金工業所 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.