屋根の知識

あなたの家の雪止め金具、実は危険かもしれません。

更新日:

自宅の雪止め金具サビついていませんか?

雪止め金具は落雪防止雪に有効な方法です。ただ、雪止め金具は使い続けると劣化してしまうのをご存知でしょうか?次の画像をご覧ください。

雪止め金具も屋根に取り付けて10年ほど経過するとサビが発生してくる場合があります。

こんなサビが出てきたら要注意です。このサビが怖いのが鉄板内部までサビが侵入しているところです。

屋根本体の鉄板は塗装工事をしなくても何もなければ20年~30年もちますが、雪止め金具本体の寿命は状況次第で10年ももたないかもしれません。

そして、寿命を過ぎた雪止め金具本体が屋根にサビを流しはじめます。これによって屋根と雪止め金具の触れ合う部分に穴があき、

最悪の場合雨漏りが発生することもあります。私も雪止め金具が原因での雨漏りを何件も見てきました。

そしたら雪止め金具と上手に付き合うにはどうすればいいのか?

まず、一番いいのがサビが発生する前に雪止め金具本体を新品に取替える事です。

あとは面倒ですが、雪の降らない時期は雪止め金具本体を外して塗装を塗り雪の降る時期だけ雪止め金具を取り付ける方法です。

もしくは、雪止め金具が本当に必要なのか考えて見て必要なければ外してしまうのもいいかもしれませんね。

まとめ

雪止め金具は屋根には優しい物ではありません。しかし消防法で取り付けなければいけない場所があったり、屋根から雪を落としたくない場合は、

取り付けなければなりません。少なからず雪止め金具のまわりからは屋根の劣化が起こりやすくなります。

家の外や窓から雪止め金具を確認できる場合は、雪止め金具からのサビを目安に、やはり、危険も伴いますし外まわりから雪止め金具のまわりを確認できない場合は屋根の専門業者、板金屋に一度屋根を診断してもらうのが無難かもしれません。

弊社なら、診断、見積りは無料なのでお気軽にご相談ください。

 

 

 

-屋根の知識

Copyright© 有限会社 杉本板金工業所 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.